スポンサーサイト

2010.10.22 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|-|-|-|-|by スポンサードリンク

子供と笑顔になるならココ♪〜光州〜

2010.03.27 Saturday
JUGEMテーマ:韓国


■ここは光州 竜珠小学校 
 韓国の小学校の笑顔いっぱいの授業風景♪


●「世界中のお友達に『独島(竹島)は韓国領だよ』と教えてあげよう!」 (韓国 京郷新聞)
http://news.khan.co.kr/section/khan_art_view.html?mode=view&artid=200604231547551&code=900310
先週、サイバー外交使節団「VANK」の事務室の電話に「火が付いた」。
日本の独島海底探査隊の挑発で一般国民が事態の解決法を聞いてくる電話はもちろん、政府関係者や学界からも助言を求める電話が相次いだからだ。
VANKでは、今度の事態が
日本の独島占領計画の一部であり、緻密な計算のもと行なわれたものと見ている
<中略>

そこでVANKが昨年から重点的に推進しているのが、
学校ごとにVANKサークルを作る事業だ。
記者はVANKの活動が模範的に行なわれているという光州竜珠小学校を訪問した。

この日は、先週の「海外の友達作り」に続いて、「韓国広報eカード作り」をする日だった。
40人余りの児童たちは目を輝かせて、指導教師の金ユンシン教諭(29)の説明を聞いていた。

「 今日は韓国を紹介するeカードを作りましょう。
 皆さん、独島はどの国の領土ですか? 」



「 我が国の領土です! 」
「 はい、そうです。でも、韓国もよく知らない人に、独島は我が国の領土だと言ったところで無駄です。 だから今日は、海外のお友達に、韓国を代表するイメージと一緒に、我が国を紹介する手紙を書きましょう。 」


金先生の説明が終わると、児童たちはインターネットで直接捜したイメージを使って、PowerPointで英文のeカードを作成し始めた。

朴ミジンちゃんは、五輪で金メダルを取った韓国選手たちの姿をスウェーデンの友達に送ったし、
羅ソンギル君は「独島はタケシマではない」という文章に写真を添えてイギリスの友達に送った。
<以上、引用抜粋>

竹島(独島)=韓国領という教育は、基本「反日教育」
 韓国の主張する証拠は、説得力ゼロこの類のトンデモなもの・・・
http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/da73349ccc361f7d84e4998fd3022c02
 で、韓国政府はひたすら国際司法裁判所への付託から逃げ続けてるのが現実。
 honshouにほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ                               ■                        こりゃヒドイと思ったらクリックよろしく
▽ソース:京郷新聞/Yahoo!Koreaニュース(韓国語)
http://news.khan.co.kr/section/khan_art_view.html?mode=view&artid=200604231547551&code=900310

 これは小学校の授業ですが・・・
   韓国の幼稚園では、子供たちにこんな歌を歌わせてます

「チョッパリたちよ」  
(チョッパリ:朝鮮語で「日本人」を侮蔑する差別語 詳細は下記)
イントロの叫び声は「おい、チョッパリ。お前、死ぬぞ!」です
http://www.songnlife.com/song/data/heyzzokbari.gif
(楽譜)

1・
チョッパリたちよ お前ら狂ってるの
独島がどうしてお前らの土地なの 
チョッパリたちよ お前ら狂ってるの
意地を張ったら歴史が変わるの
僕らのおじいさんの死体で工場を建て
僕らのおばあさんの血と涙で機械を動かし
腹いっぱいで背中が温まって豊かになったら
広島忘れちゃったの 
やさしく言ってるうちにやめなさい
統一韓国を恐れるくだらないやつらよ
韓国のことわざにこんなのがあるよ
狂犬にはこん棒が名薬だ、というのが

2・
チョッパリたちはうまいことやる
偽の遺物つくり上げて歴史も捏造する
チョッパリたちはずうずうしい 
戦争犯罪、虐殺蛮行知らんぷり
僕らのおじいさんの死体で工場を建て
僕らのおばあさんの血と涙で機械を動かし
腹いっぱいで背中が温まって豊かになったら
広島忘れちゃったの 
やさしく言ってるうちにやめなさい
統一韓国を恐れるくだらないやつらよ
韓国のことわざにこんなのがあるよ
狂犬にはこん棒が名薬だ、というのが


去年までは下のURLで音源が試聴可能でしたが、消されてしまいました・・・・
とびっきり明るい歌声で、とんでもない毒を吐いているのでビックリでした
http://blog.empas.com/kobyeong/read.html?a=29656151

※ちなみに「チョッパリ」とは「豚の足」と言う意味。下駄や足袋を履く日本人のつま先が、二つに分かれている様を、豚の蹄に例えているえた呼び方。
これが恐ろしいことに韓国では放送禁止ではない。
テレビ放送でも日常的に「チョッパリは頭が悪いから…」なんて言って平気で笑ってます。


  
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ     
                   ↑↑ ↑↑↑↑ 
1日1クリックで応援よろしくお願いします



おまけ
竹島(独島)問題(韓国側のわかりやすいウソ)
http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/ebb61f72590e36f44d813845de14f2bf
http://umakoya.com/blog/log/eid280.html
http://shiraty1129.iza.ne.jp/blog/entry/645846/

|-|comments(6)trackbacks(0)|-|-|by foot11

ソウル南山〜家族で楽しい♪

2009.12.28 Monday

日本人はほとんど意識してないんですが・・・・
2010年は日韓併合から100年目を迎え、すでに韓国はピリピリ・・・・
再び反日モードに拍車ががかってます。

日本では報道されない韓国の大ニュース2009年10月 24日pafo
 
●伊藤博文を殺した100周年を祝う国家イベントの様子
左…伊藤博文ぶっ殺しパフォーマンス  右…韓国の総理大臣が「万歳!」
(動画)http://www.youtube.com/watch?v=8wIJATFOTtY

鳩山政権誕生直前の9月15日、韓国李大統領は、
新政権発足が「韓日関係が信頼に基づき一段と飛躍する契機になることを期待している」と表明。
そのうえで、天皇陛下の訪韓を
「特別な意味がある」「来年中にも実現すれば、両国間に大きな意味を与えられる」
と踏み込んだ。で、2010年、韓国側が何を望んでいるかというと、ズバリ天皇陛下の「謝罪」
そしてそれを足がかりにした、様々な補償金や技術移転の要求です。

 日韓条約などは再び無視されるでしょうね。
 「謝罪も賠償も終りました。もう必要ないです」と
 お金や技術移転の見返りに、韓国側が言うのは何回目でしょうか・・・
 

家族揃って反日イベントに参加
楽しくペタペタ↓           ↓巨大反日垂れ幕出来上がり!


http://www.chosunonline.com/news/20080309000000
安重根義挙100周年、4大事業スタート (朝鮮日報)
記念館、銅像建立、学術大会、マラソンなど
伊藤博文殺害100周年を祝うイベントを韓国全土で展開

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=121343&servcode=400&sectcode=400
「安重根義士義挙100周年記念の月」イベント(中央日報)

↑こういったプレイベントを皮切りに
2010年早々から100周年の本番が始まります。

日本では報道しませんけどね・・・
在日帰化韓●人  成●豊がいまだ絶大な影響力を発揮している
「電通」の恐怖政治に、不況のテレビ業界は逆らえないので
こういった事実も、日本ではほとんど報道されません。
韓国での反日感情の盛り上がりを知らずに、韓国旅行で日本人に金を使わせ
東アジアで最も経済的な危機が進行している韓国を助けるためですね・・・
知らぬは日本人ばかりなり。

でも、ご安心を。韓国は、日本以上の大不況ですから、
観光客から金を取るために、上辺ではニコニコ親切に応対してくれます。まー腹の底では・・・・
(バカなチョッパリから金を掠め取るニダ・・・ケケケ)なんですけど。


【参考】

韓国芙蓉会会長 熊田和子 
 
季刊海外日系人 第50号 2002年3月 
「第42回海外日系人大会代表者会議議事録より」

 韓国で日系二世というと、弁護士など何もできない。すぐ足を引っ張られる。なぜかというと「日本は敵(かたき)の国」と言われる。
日本語を勉強する学生は「国賊」と言われる。
「そういう目には会ったことがない」と韓国に来た日本の方は言われるが、
観光客には大変丁寧な国であるからだ。

しかし、韓国という内に住んでいたら、私たちは日本政府の代表のようにターゲットにされて、いじめられる。
これが実情である。

私たち(芙蓉会)は、(在韓日本人)二世への代替わりということを随分考えているが、それを言って出てくる(在韓日本人の)若い人はおそらくいまい。



ちなみに
併合反対派だった伊藤博文を殺害した安重根を英雄扱いしているのは世界中で韓国だけ。
北朝鮮でも彼は併合を加速したバカテロリストという扱いなのに・・・




にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ     
                   ↑↑ ↑↑↑↑ 
この記事に何かを感じた方は『応援クリック』お願いします

にほんブログ村
|-|comments(3)trackbacks(0)|-|-|by foot11

釜山〜風情ある大学風景〜

2009.04.24 Friday

釜山のとある大学の風景です。
全く気にとがめることもなく楽しげに踏みつけてくれています。
靴拭きマットのごとき扱いがありがたいですね。
踏んでお通りくださいと書いてます。
  ↓↓↓



  ↑↑↑
「私たちの土地を守り、歴史を立て直そう」と書いてます。
竹島(独島)のことでしょうね。
さっさと国際司法裁判所に出廷してくれればいいのに、
逃げ回って騒いで反日活動ばかりやってます。

こういうことが日常化してる韓国のキャンパスライフでした。  
                                                                          
              
                    ↑↑↑↑ 
この記事に何かを感じた方は『応援クリック』お願いします

|-|comments(2)trackbacks(0)|-|-|by foot11

09年の見所!

2009.01.06 Tuesday

 韓国人「アメリカの教科書から日本海を消す!」 (08年12/20日 コリアタイムズ)

米国教科書の「日本海」表記を「東海」に変えるための全米規模のキャンペーンが来月展開される。今回のキャンペーンは各州単位別に、韓国人たちの組織的なロビーを通じて歴史是正に乗り出し、大きな成果が期待される。去年10月創立された米州韓人市民活動家団体である‘CANGOUSA(CoreanAmerican NGO USA)’は
来年(09年)1月14日を皮切りに米教科書の間違い是正キャンペーンに本格突入する、と17日明らかにした。

今回のキャンペーンは、メリーランドではスーザン・リー州下院議員、パク・ジュンギ特許庁行政判事などが中心になって展開される予定だ。バージニアではハロルド・ペク、アジアン共和党会長、ムン・イリョン、フェアファックスカウンティ教育委員などが助力して教育庁と州政治家たちを説得する計画だ。キャンペーンには中国系団体も加勢すると見られる。

‘CANGOU SA’によれば米教科書は各州教育庁が管轄して州議会で教育庁に対する予算権を持っており、日本海表記是正には地域政治家たちの支援も必要だ。
 ‘CANGOU SA’は今回のキャンペーンの中で、
韓民族が日帝時代に経験した受難を盛った歴史を紹介するパンフレットも配布する計画だ
チェ共同委員長は「日本海表記を東海に変えようとする努力は、韓国でいくら騒いでも無駄な問題。在米韓人たちの力でアメリカの教科書が変われば、全世界に波及効果があるだろう」と見込んだ。

これと関連、米州韓人の日の行事を準備しているチョン・セヨン韓人財団-ワシントン会長は「東海表記問題と独島(日本名:竹島)領有権問題は互いにつながっている。今回のキャンペーンが成果をおさめて歪んだ歴史を直し、韓人たちの正しいアイデンティティ定立に大きく役立つことを期待する」と言った。

ソース:コリアタイムズ(韓国語) “日本海表記を無くしなさい”
http://www.koreatimes.com/article/articleview.asp?id=493346


>要するに、アメリカを拠点に反日活動を繰り広げ、アメリカの情報発信力を利用して
反日を世界に広めようという活動を今年も続ける、という記事ですね。

続きを読む >>
|-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by foot11

済州島ならここ!

2008.12.30 Tuesday

済州島西帰浦市のゴルフ場レイクヒルスゴールプザングのフロントです。

日本人の入場を禁止する」という韓国の人の本心そのまんまの看板です。
2005年3月の写真です。まだまだ韓国は景気がよかったんですね〜
今韓国は、日本の「円」が欲しくて欲しくて欲しくて…仕方ないので、こん看板なくなっちゃったんじゃないかな?残念!!
こういうのは世界中で韓国でしか見られないので、まだ見られたとしたらラッキーですよ!

でもソウル市内だと、今年の夏までは「犬と日本人お断り」とハングルで書かれた看板がいくつか見られました。
こっちが日本人だとわかると、不意に近づいてきてニヤニヤ笑ってるので何だろうな〜???って思ってたら
韓国語で日本人の悪口言ってたりってこともありますね。

              
                    ↑↑↑↑ 
この記事に何かを感じた方は『応援クリック』お願いします

|-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by foot11
 

ページの先頭へ